2019年3月23日(土)、富津市内の老舗の酒蔵の一つである『和蔵酒造竹岡蔵』様を訪問し酒蔵の見学と酒造りの体験をさせていただきました。

 

FPSとしては2度めの開催となり、7名が参加しました。

 

撮影:茂木健一

職人たちが働く様子を間近で見学する参加者たち。

 

撮影:茂木健一

 

撮影:茂木健一

蒸し上がった酒米をコンベアに移す作業。

 

撮影:茂木健一

コンベアに乗せられた酒米に麹を振りかける杜氏。

 

撮影:近藤和久

 

撮影:近藤和久

布に小分けにしてタンクへ運ばれていきます。厳正な温度管理のもと、酒が醸造されていきます。そのどれもが重労働。貴重な一滴がこのようにして生まれることを、参加者は身にしみて感じたに違いありません。

 

撮影:茂木健一

 

日本酒づくりの細部に至るまで、その奥深さを見ることができました。

 

 

撮影:茂木健一

 

池田社長による酒蔵案内はとても興味深いものでした。精米から行っている酒蔵はそうそうないのではないでしょうか。

 

撮影:茂木健一

 

お酒の種類によって精米歩合が違います。元々千葉県のお米は酒米としては適していなかったものが、近年では品種の改良もあり、千葉県産のお米も使われることがあるそうです。

 

撮影:茂木健一

ずらりと並ぶタンク。

 

 

 

 

 

撮影:近藤和久

 

撮影:近藤和久

 

 

 

 

最後に、この蔵で生産されている日本酒の利き酒をさせていただきました。どのお酒も個性があり、味わいが全く違います。ラベルもステキですね。

 

 

 

 

最後に池田社長を交えての記念撮影。いつもありがとうございます。

 

撮影:近藤和久

こうして第二回酒蔵体験・見学撮影会を無事に終えることができました。

 


 

和蔵酒造 竹岡蔵

千葉県富津市竹岡1番地。

電話:0439-67-0027

担当:池田 亨(いけだ とおる)

Facebook