2019年春。

今年もダイヤモンド富士の季節がやってきました。早いところでは千葉県の北部からのダイヤモンド富士を撮影されている方もいらっしゃいましたが、富津市内では3月の半ばから4月にかけてダイヤモンド富士が観察されます。

 

今回で第8回となった富津市役所の屋上からのダイヤモンド富士は朝から晴れの天気となり、ダイヤが期待されました。今回は総勢約30名ほどの参加となり、みんなで富津市役所の屋上へ上がりました。

 

 

20台以上のカメラが屋上に並びました。カメラをセットしダイヤまでの待ち遠しい時間をカメラや写真談義で過ごすみなさん。

 

 

雲が多いのが気になり、参加されている皆さんの気持ちはやきもきします。

 

 

やがて眩しい夕陽の中に富士山がうっすら見えてきました。これは期待できますね。現場の雰囲気も盛り上がります。

 

 

待ち構えるフォトグラファーたち。今回も遠くは埼玉県から、県内でも長生村からなど、様々なところからこのイベントに駆けつけてくださいました。

 

 

さあ、いよいよダイヤの時間が近づいてきました。太陽の周りに輪ができる『花粉光環』のような現象も観察できました。

 

 

山頂付近に太陽が差し掛かり・・・

 

そして待ちに待ったダイヤの時間、17:49分・・・ダイヤモンド富士となりました!!

 

このイベントでは3度目のダイヤモンド富士です。皆さん一斉にシャッターを切り、その音があたりに響きました。そしてため息と歓声の交じる屋上。それぞれの思いでこの瞬間を迎えられたようでした。

 

このイベントでは3勝5敗です。なかなか見れるものではないことが理解できますね。しかも富津市役所はダイヤモンド富士を撮影できる絶好のロケーションです。

 

 

 

 

やがて時間は過ぎ行き、今回のダイヤモンド富士のイベントは感動と満足のうちに終了しました。

 

 

 

『また秋のダイヤで会いましょう!』

 

ご協力くださいました富津市役所の皆様、また参加者の皆様ありがとうございました!