毎年この時期に始まる江戸前穴子の季節。この富津近海で水揚げされる穴子は『はかりめ』とも呼ばれ、身がふっくらとして美味しいと評判です。

 

そんな『はかりめ』を用いた料理を観光の目玉としている富津市では『第13回 富津はかりめフェア』を開催して市内外のたくさんの人々の舌を唸らせます。

 

今回は市内18の店舗が参加して行われ、定番のものから工夫をこらしたものまで様々な穴子料理を楽しむことができます。

 

《はかりめフェアのチラシ》

 

 

6月7日 金曜日 午後3時より『味のかん七』(富津市千種新田1164)において『第13回 富津はかりめフェア記者発表試食会』が開催され、高橋恭市富津市長はじめ大勢の皆さんが出席されました。

 

 

皆さんで『富津はかりめ』を堪能し、その魅力を、おいしさを大勢の皆さんに知っていただくようにするのが目的です。『はかりめ』の料理は100種類もあると言いますから驚きです。

では、出品されていた各店の『はかりめ料理』をご紹介させていただきます(順不同)。

 

あぶり博多寿司(鳥きん)

 

はかりめ天丼(味のかん七)

 

煮穴子丼(公園食堂 志のざき)

 

穴子の一夜干し(和風料理 宮島)

 

はかりめ刺身(味のかん七)

はかりめづくし(味のかん七)

 

はかりめひつまぶし(寿司 活魚料理 いそね)

 

房総シーフードミックスフライ定食(かつ菜 富津店)

 

はかりめ天丼(味のかん七)

 

焼きはかりめとあさりの玉子とじ丼(お食事処 大定)

 

はかりめ重(和食 平兵衛)

 

はかりめ寿司(ひろ寿司)

 

はかりめ玉子焼き(さとみ寿司)

 

はかりめ丼(ひろ寿司)

 

はかりめ寿司(さとみ寿司)

 

はかりめ生湯葉御膳(新舞子の風)

 

はかりめ丼(いとや旅館)

 

はかりめ丼(いち川)

 

(新舞子の風)

 

富津の料理人のみなさんが腕を振るう『第13回 富津はかりめフェア』。実際に皆さんの舌で味わい、この時期の味覚をお楽しみください。

開催期間は2019年6月1日から7月31日までです。

お問合せ先:富津市商工会 電話:0439-87-7071。